entomo

Recent Entry

Category

entomo marriage ring

2017.07.04|日々の事

結婚指輪のオーダーをはじめました。
アクセサリーでは真鍮やシルバーを使っていましたが、こちらは金やプラチナなど貴金属をメインに取り扱います。

サンプル作りで手に取った金やプラチナは真鍮とは違う良さがあり触っていて楽しいです。
酸化に強いため長く使うにはとても頼もしい素材です。

最近タイミングが合い、友人や先輩など声をかけていただけて少しずつですがご注文いただいています。
興味のある方はTIMBER COURTショールームまでお越しください。サンプルを準備してお待ちしています。

■デザイン:甲丸・平打ち
■素材:K18・Pt900・PG 他
■テクスチャ:槌目・ヤスリ目・マット・kirameki

「デザイン+素材+テクスチャ」を選んでいただくセミオーダー式となります。
内容によっては別途ご相談も可能です。お気軽にご連絡ください。

mail:entomo@timbercourt.net
HP:http://timbercourt.net/blog/
・・・
TIMBER COURTショールーム
毎週 金・土 11:00-18:00 OPEN
山形市七日町2-7-23とんがりビル4F

Name Plate / copper

2017.06.02|日々の事


表札を製作しました。
今回はデザイン事務所「アカオニ」がフォントをデザイン。entomoは製作を担当しました。

素材も真鍮の元となる「銅」を使用。真鍮とは違う温かみのある素材感です。
TIMBER COURTでも家具を納めています。詳しくはこちらをご覧ください。

・・・
表札をお考えの方はこちらをチェック。
基本的にフォントは2種より選んでいただきますが、持込の場合ご希望の形での製作も可能です。
お見積りも可能ですので、ご検討中の方はお気軽にご連絡ください。

mail entomo@timbercourt.net

Brass nameplate

2017.05.18|日々の事

Brass nameplate 表札 真鍮 entomo
Brass nameplate 表札 真鍮 entomo

福井建設で新築された住宅に真鍮の切り文字表札を納めました。
福井建設HP→http://www.fukui-kensetsu.co.jp/

今回は壁から浮き上がる仕様に。
切り文字はゴシックタイプの大文字。
表面はヘアライン仕上げ。

真鍮は木製の壁に良く合います。
これから経年変化も楽しみです。

entomoの表札についてはこちらをご覧ください。
http://timbercourt.net/blog/2017/03/3694/
※金属の価格高騰のため2017年4月より価格の見直しを行いました。

Brass custom order cabinet

2017.05.18|日々の事

brass hardwae 真鍮 金物 棚受け entomo 1
brass hardwae 真鍮 金物 棚受け entomo 2
brass hardwae 真鍮 金物 棚受け entomo 3
brass hardwae 真鍮 金物 棚受け entomo 4
brass hardwae 真鍮 金物 棚受け entomo 5

オール真鍮の飾り棚。デザインはTIMBER COURT
合わせて、真鍮製のプレートを。文字のデザインはUMEKI DESIGN STUDIO

全部で6枚の真鍮天板に特注の棚受けを製作しました。
天板と棚受けはスチールのボルト留め。
左右の棚と棚の間には丸パイプを通し
吊り下げディスプレイできるようになっています。

ヘアライン仕上げのため、はじめはピカピカですが
酸化が進むと段々と渋い色に落ち着いていきます。

Brass customorder cabinet/真鍮製 特注飾り棚
Design TIMBER COURT
Product entomo
素材 真鍮、スチール製ボルト
仕上げ ヘアライン仕上げ クリアラッカー塗装

Brass Plate/真鍮表札
STAFF ROOM Plate
Design UMEKI DESIGN STUDIO
Product entomo
素材 真鍮
仕上げ ヘアライン仕上げ クリアラッカー塗装

Toilet plate
Design entomo
Product entomo
素材 真鍮
仕上げ ヘアライン仕上げ クリアラッカー塗装

・・・
entomo/真鍮の表札や金物、アクセサリーや
貴金属を使った結婚指輪などを製作しています。
お問合せや、製作についてのご相談など下記
メールアドレスまでご連絡ください。

連絡先/entomo@timbercourt.net

brass furniture

2017.02.17|日々の事

_MG_5897 _MG_5893 _MG_5903 _MG_5916

リトルプレス「ありふれたくじら」でお馴染みの 是恒さくらさんから真鍮の展示什器を依頼いただきました。

是恒さんは2015年に東北芸術工科大学 大学院へ。〈鯨〉をテーマに海で繋がる物語を訪ね歩き2冊のリトルプレスを発行(http://www.sakurakoretsune.com/)。2017年2月12日まで開催されていた同大学の卒業制作の作品として冊子「ありふれたくじらジャーナル」を発行しました。

北西海岸先住民の伝統織物・チルカット織で作られた、宮城県・牡鹿半島と和歌山県・太地町を繋ぐ地図が表紙に。ほどけてしまった糸と糸を結び直すように、鯨にまつわる二つの土地を結び直す様な“あやとり”の写真が掲載されています。

什器はその現物を展示するためのもの。織物が引き立つ様、不要な部分はできる限り除き、シンプルな什器になりました。

卒展は終了しましたが、来月より鯨のふるさと雄鹿半島の蛤浜にある「鹿画廊」にて展示されるそうです。鹿画廊以外に素敵なカフェと古道具や手仕事作品を集めたショップもあります。興味がある方はぜひ足をお運びください◎

○・・・△
brass furniture /素材:真鍮
サイズ:w500×h420×d200mm
サイズ:w50h×120×d25mm

○・・・△
『鹿画廊 |2017・冬』
是恒さくら「ありふれたくじら|牡鹿半島~太地浦」(採話集)
日時:3月9日[木]→3月26日[日]
会場:会場:cafe はまぐり堂・高見(石巻市牡鹿半島蛤浜)
https://www.hamaguridou.com/%E9%AB%98%E8%A6%8B/

1 / 41234