WORKS

現在開催中の『みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ』のアーティスト作品や什器 サイン等いろいろと製作させて頂きました。

こちらは 文翔館入口のバナーサイン。
トラフ建築設計事務所とアカオニデザイン小板橋さんのデザイン。
サッカーコート周辺に置かれている『石巻工房』のベンチに合わせ、レッドシダー材で製作。ターポリンの加工はアクリル彩巧。

『みちのおく商店』
アカオニデザインと、青森県八戸市に本拠を置くカネイリミュージアムショップがコラボレート。山形ビエンナーレの公式ショップです。小板橋さん『お気に入り』の杉材鎧貼りの外部。

『平澤まりこさん 展示什器』
19人の山形市民が、イラストレーターの平澤まりこさんとともに、“わたしの街”を旅する本『山形をいく』をつくり 展示しています。

『荒井良二さん hosomichi mon』
山形ビエンナーレの芸術総監督 荒井良二さんの作品。スチール鋼材の加工は金工作家 下山くんが担当。

『みちのおくだ門 骨組み希望門』
山形ビエンナーレの芸術総監督 荒井良二さんの作品。

『Goma小屋』
料理創作ユニットGomaさんのゴマ小屋。
山形各地の家庭に伝わる保存食をリサーチし、東北の食の知恵を五感で楽しめる小屋を文翔館の中庭に。ホットプレートの『いろり』があったり、『顔ハメ』や「ターザンロープ」的なもの。天井は『ざる』のイメージで。

その他 藝術学舎で行われている『スガノサカエ図画展』の展示什器やバスストップ型サインなどなど 盛りだくさんに製作させていただきました。


『みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ』
の詳細は⇒http://biennale.tuad.ac.jp/

BN01 BN03BN02  BN04 BN05 BN06 BN07 BN08 BN09 BN10  BN12 BN13 BN11